帝王切開 産後ダイエット

帝王切開のあとの産後ダイエット 注意点

産後ダイエット方法 帝王切開のあとは、
体に配慮が必要があります。
双生児を生むとき、
または赤ちゃんを急いで出してあげないといけないときには、
この方法が取られます。

 

 

 

メスでお腹を切るので、普通分娩のときよりも、
入院期間が長くなりがちです。
産後ダイエット方法で帝王切開の人は、
傷口がきちんと治ってから、行うようにしましょう。
産後2カ月間くらいは、ムリな運動は、控えたほうが良いです。

 

 

 

でも、2ヶ月間も、動かないでいるのもつらいものです。
そんなときには、産褥体操をするといいかもしれません。
産褥体操は、分娩24時間以内から始めることができる運動です。

 

 

 

簡単で、体への負荷も少ないです。
しかも、産後の体を回復させるために、とても大切な体操です。
産褥体操をすると、開いた骨盤や衰えた筋肉が、
だんだんと元に戻されていきます。

 

 

 

血流が促進されるため、女性の体調が良くなるし、
子宮も元に位置に戻りやすくなります。
産褥体操をしないのと、するのとでは、
体の回復力が、全く違ってくるのです。

 

 

 

傷口が完全に治っていなくても、
産褥体操をして、本格的な運動をするまえの
ウォーミングアップをしておきましょう。 

 

 

 

コルセットや骨盤ベルトをつける人が多いのですが、
傷口が治っていないときは、使わないようにしておきたいです。
お腹に直接当てて、ギュッと締め付けるため、
また傷口が開いてしまうおそれがあります。
産後やせやすいのは6カ月と言われていますから、
2ヶ月くらいは安静にしていても、遅くはないのです。

 

 

>>産褥体操 出産後を快適に過ごし、ボディ・ラインを元に戻すエクササイズ集 [DVD]

 

 

 

 

>>産後酵素ダイエットのTOPページへ戻る