ウォーキングで痩せないのは、理由があります

ウォーキングで痩せない理由を教えます

ダイエットのために、特に女性の間でウォーキングやジョギングが人気を呼んでいます。
しかしその一方で、ウォーキングをしてもなかなか痩せない、という人も多くいます。
実際、毎日熱心に励んでいる方が、下半身太りをしているようにも見られたりします。
必ずしも歩くだけでは痩せない、むしろウォーキング自体が痩せる運動ではない、ともいえるでしょう。

 

 

 

 

そもそも痩せるためには基礎代謝を上げることが重要なポイントになります。
俗に有酸素運動を長時間行うことで痩せることができる、と考えられがちです。
しかし脂肪を燃焼させて基礎代謝を高めるためには、筋肉が必要です。
ダイエットをするためにはまず筋肉量を増やすことが大切なのです。

 

 

 

そのため、ウォーキングだけでなく
一見遠回りであるような筋力トレーニングを併せて行うことが重要となります。
また、歩き方に問題がある場合があります。
それは正しい歩き方ができていないことで、歩くために必要な筋肉がうまく使われていないという点です。
猫背で歩いていたり、足をあまり上げずにすり足のように歩いたりすると、ダイエットの効果は低くなってしまいます。

 

 

 

 

ウォーキングは有酸素運動ですから、呼吸法も重要になります。
歩いている時は吐くことを吸うことよりも意識して、決して息が上がらないように注意します。
息が上がってしまうと、脂肪よりも糖質が燃焼するエネルギー源となってしまい、
ダイエットの上では逆効果となってしまいます。