正月太り予防

正月太り予防は大事なんですよ

正月太り予防をしておくと、そのあとに劇的に太ってしまって、ヤセのために多大な努力を強いられることもなくなります。
正月太り予防はしておきたいです。 

 

まず、気を付けるべきはおもちです。小さいのに、おもちはカロリーが高いです。
しかも、主成分は炭水化物で、血糖値を上げやすいです。
ついて、こねられているので、効率よく体に吸収されてしまい、ごはんを食べるよりも、血糖値が上がりやすいのです。
太りやすい要素がいっぱい詰まった、食べ物なのです。 おせちでは、栗きんとんも注意が必要です。
炭水化物が主成分のさつまいもと栗を、ダブルで摂ってしまううえに、糖分たっぷりなので、血糖値が上がりやすいです。
血糖値の上昇をゆるやかにするために、食事の最初に食物繊維を食べるようにしましょう。
おもちを食べるなら、野菜をいっぱい入れて、お雑煮にして、まずは野菜から食べ始めれば、血糖値の上昇を起こりにくくすることができます。  

 

忘年会や新年会でも、対策をとっておきたいもの。
忘年会や新年会では、低カロリーdえ高たんぱくなおつまみを選ぶと、太ってしまうのを避けられます。
豆腐、枝豆などの大豆を原料としているものが良いでしょう。
また、とりのささみやお刺身も太りにくい食材です。 

 

どうしても、こてこてのおつまみを食べたくなってしまうようなら、1週間単位で摂取するカロリーを考えるのも一案です。
忘年会や新年会でがっつり食べてしまったら、そのあとの1週間は野菜中心の生活にします。